ファンド Q&A

ICG Funds > ファンド Q&A

Question

Question

ICGファンドとはどのようなファンドですか?
ICGグループの運用するファンドは、投資先を上場している株式や債券、 もしくは現物投資(例えばゴールド)に限定しています。 世界にはパフォーマン スを追求するあまり、不当にレバレッジを効かせたり、中には非上場ものを取り 扱っているものもあり、運用の透明性が失われたり、価格変動リスクが大きくなる ケースがあります。
上場している株式、債券等に投資するメリットは?
まず金融危機時に解約の停止されたヘッジファンドが多かったことを思い出して下さい。
これらのほとんどは、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)や債務担保証券(CDO)のように店頭取引の証券が主体です。上場ものの証券では ありませんでした。上場ものであれば、取引所の取引時間中に不特定多数のマーケット参加者と売買が出来(流動性が高い)、価格変動リスクは、店頭取引よりも低くなります。また上場ものの証券は、当該の取引所が供託金によって決済を保証しています。
ICGファンドは、どこが運用していますか?
運用はICGアジアが担当しています。 香港証券先物取引委員会(SFC)から Type4ライセンス(証券投資アドバイス)、及びType9ライセンス(ファンド 運用業務)を取得しています。

香港証券先物取引委員会(SFC)⇒ http://www.sfc.hk/sfc/html/EN/
ICGファンドを日本国内で購入したいのですが、どうすればいいでしょうか?
ICGグループのファンドは、日本の金融庁からは販売許可を取得しておりません。
日本国内では、販売出来ません。
ICGファンドはどのようにすれば購入出来るのでしょうか?
販売ルートはICGグループと契約を結んでいるプロのアドバイザーを通して 購入していただくか、直接ICGファンドの業務統括会社(TMF)にお申込みいただくことも出来ます。

ICGファンドはこちら⇒ http://icgfunds.net/
お問い合わせはこちら ⇒ http://icgfunds.net/contact/index.html

アジアとヨーロッパをメインとしてファンドを募集していますが日本人の 投資家さんもたくさんいらっしゃいます。
ファンドの運用期間・パフォーマンスの目標はどのぐらいでしょうか?
オープンエンド型で運用期間は設けておりません。
またパフォーマンスですが、 相場の若い市場に長期投資して、キャピタルゲインを得ることに集中しています。
目先の利益には一喜一憂しません。
ICGのファンドはどうして日本での販売許可を取らないのですか?
日本の金融庁に限らず、各国当局の販売許可を得る場合、運用規制が多く 掛ってきます。
例えば運用規制はファンドマネジャーの運用手法の幅を狭めたり、規制の為に先物によるファンド資産のヘッジが限定されたりします。例えば世界で運用されているヘッジファンドの大半は登録や許可のないものです。

但しICGファンドは日本では登録や認可はされていませんが、香港証券先物取引委員会(SFC)が、 運用を担当しているICGアジアを監督しています。
一般的に各国当局から販売許可を取得していないファンドは多いのですか?
世界で運用されているヘッジファンドの多くは特定国から販売許可を取得して いない私募ファンドです。そのほとんどが運用に規制の緩やかなケイマン島、バージン諸島(BVI)、ルクセンブルグ籍のファンドです。 パフォーマンスを 重視する場合に、各国の規制が運用の足かせになる場合もあるのです。
海外ファンドの情報をもっと知りたいのですが、良い方法はありませんか?
毎月 2 回、会員制情報紙、ICGレポートを発行しています。1998 年からICGのお客様へ 向けて投資や経済に対する考え方や最新の海外投資情報をお届けしてきた ものです。こちらをご覧下さい。

ICGレポート ⇒ http://www.icg-advisor.net/report/index.html
具体的な投資アドバイスなどを受けることは出来るのでしょうか?
年に何回か海外投資セミナーを行っております。随時、ご参加いただけます。

イベント・セミナー関連 ⇒ http://icg-advisor.net/event/index.html